ONLIFE

小銭貯金をしている人は要注意!来年からゆうちょ銀行での硬貨の預入れに手数料が発生します

一部の銀行では既に導入されている硬貨取扱料(預入れや払戻しにかかる手数料)ですが、ゆうちょ銀行でも来年からこの硬貨取扱料が設定されることになりました。

2022年1月17日(月)から手数料が発生

ゆうちょ銀行で硬貨の預入れや払戻しに手数料が発生するのは「2022年1月17日(月)」からになります。手数料は金額ではなく枚数で異るようになっており、窓口では50枚までが無料、51枚以上からは手数料が発生する仕組みになります。
窓口の硬貨取扱料
ゆうちょ銀行

ATMからの預入れも手数料が発生

窓口が有料になるならATMで!と考える方も多いと思うのですが、残念ながらATMからの預入れにも同様の手数料が発生するようになります。なお、ATMからの預入れの場合は窓口より手数料は低いのですが、その代わりに1枚から手数料が発生してしまいます。
ATMから500円玉を1枚預入れしようとした場合は110円の手数料がかかることになるので、結果として390円が預入れらることになります。これはなかなかツライですね。
ATMの硬貨取扱料
ゆうちょ銀行

忘れないうちに預入れを!

おつり貯金で1円や10円などの少額硬貨を中心に小銭貯金している人は有料化する前に必ず預入れに行くようにしましょう。せっかくコツコツ貯金してきたのに、手数料を引かれたらほぼゼロになってしまった。となるのは悲しいですからね。
また「○○万円貯まる貯金箱」などを使って大量に小銭貯金をしている方も、満杯になってから行こうと思っていたら忘れてた。とならないように、早めに預入れに行くことをおすすめします。

詳細はゆうちょ銀行のお知らせで

今回の改定では、預入れだけでなく払戻しや硬貨枚数を数えた時点(その後に預入れの手続きをやめても)手数料がかかるようになります。ゆうちょ銀行のお知らせに詳細が記載してありますので、小銭を多く扱っている方などは改めてこちらで確認してみてくださいね。
一部商品・サービスの料金新設・改定について(ゆうちょ銀行)
※2021年8月13日(金)時点の情報となります。現在は内容が異なる場合があります。
※掲載依頼や掲載情報の誤りにお気づきの方は こちら よりお知らせください。